iphone修理くん-アイフォンの故障や不調、不具合はiPhone 修理 くんにお任せください。

トップページ > 機種別修理メニュー

機種別修理メニュー

iPhone7 plus

iPhone7
plus

特徴

2016年9月に発売されたAppleのスマートフォンiPhone7 Plusは、iPhoneシリーズとしては初めてとなる耐水・防塵性能を搭載し、SuicaなどのFeliCaに対応しました。
またカラーバリエーションとでは、従来のシルバー、ゴールド、ローズゴールドに加えて、マット仕上げのブラック、光沢のあるジェットブラックが追加されています。

iPhone7

iPhone7

特徴

2016年9月に発売されたiPhone 7では、iPhoneの体験の部分が劇的進化を遂げました。
先進的なカメラシステム。Suica(スイカ)に対応したApple Pay。
優れたパフォーマンスと長時間駆動するバッテリー。臨場感あふれるステレオスピーカー。
極めて明るく、極めてカラフルなディスプレイ。防沫性能と耐水性能。
そして、そのすべてに負けないくらいデザインもパワフルに。

容量:32GB/128GB/256GB
カラー:ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック、レッド(※レッドは販売終了)

iPhone6s plus

iPhone6s
plus

特徴

2015年に登場した「iPhone 6s Plus」。その特徴は、大型のディスプレイです。1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応しています。
iPhone 6s Plusの大型ディスプレイは、サイズ:5.5インチと、タブレットにも迫る大きさの美しいRetina HDディスプレイです。

また、新たに3DTouchディスプレイを採用し、タッチの強さを認識できるようになりました。
アルミニウムのボディで、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色から選ぶことができ、メモリ容量として16GB/64GB/128GBの3種類が用意されています。

iPhone6s

iPhone6s

特徴

「iPhone 6s」は、2015年に登場したiPhoneで、4.7インチのディスプレイを搭載した小型のモデルです。
手に馴染みやすいサイズながら、1,334×750ピクセルの高精細ディスプレイを備えています。

iPhone 6sは、iPhone 5sより大きな4.7インチ、1,334×750ピクセルの3D Touch搭載Retina HDディスプレイ備えています。
iPhone 6よりは0.2mm厚く、14g重くなっています。

iPhone 6 Plusと同様に、4色のカラーと容量が用意されています。

iPhone6 plus

iPhone6
plus

特徴

「iPhone 6 Plus」は、2015年9月に登場した、5.5インチの大型画面の薄型タイプです。
本体カラー3色、記憶容量3種類から選べます。

iPhone6

iPhone6

特徴

iPhone6が、前作の5Sと比べて大きく異なる点は、大きくなったサイズです。
5Sは、4インチのコンパクトディスプレイでしたが、iPhone6では、4.7インチのディスプレイを採用しています。

  • ・解像度が高い
  • ・光学式手ぶれ補正(iPhone6は電子式手ブレ補正)
  • ・バッテリーの持ちが優れている

といった特徴があります。

iPhone SE

iPhone SE

特徴

2016年3月に発表された「iPhone SE」。エクステリアはiPhone 5/iPhone 5sとそっくりで、画面サイズも4インチのコンパクトスマートフォンです。
メイン機能はiPhone 6sと同一ですが、使用されるCPU・GPUはA9+M9でiPhone 6s/iPhone 6s Plusと同じもの。サイズは、高さ123.8mm、幅58.6mm、幅7.6mm、重量113g。

iPhone5s

iPhone5s

特徴

これまでは、白、黒の2色展開だったiPhoneにゴールドが追加されました。

指紋認証センサー「Touch ID」を搭載。
ロックを解除するだけではなく、App Storeでアプリを購入する際にパスワードを入力する必要が無くなります。
iPhone 5sには、64bit対応のA7プロセッサが搭載されました。世界初の64bitスマートフォンの誕生です。
カメラ機能が大幅アップ。カメラのセンサーが15%大きくなり、開口部はf/2.2になりました。

iPhone5c

iPhone5c

特徴

カラーバリエーションの多い低価格モデルの「iPhone5c」
ホワイト/ピンク/イエロー/ブルー/グリーン の5色展開です。

iPhone5とほぼ同じスペックを持ちつつ、iPhone5sに比べて少しスペックを押さえる事で、安めの価格帯を実現しました。
容量は、16GBと32GBの2種類となります。

iPhone5

iPhone5

特徴

以前のiPhoneシリーズでは3.5インチの画面だったが、縦に長くした4インチの画面になりました。
液晶ディスプレイは従来に比べて薄型、軽量化を実現。
CPUとグラフィック性能がiPhone 4Sと比べて最大2倍の処理能力になりました。

通信機能では、第3世代移動通信システム(3G)の次世代通信技術であるLong Term Evolution (LTE)に対応。
そのほか、カメラ機能は前面カメラ(インカメラ)が720pの高精細度の撮影が可能になりました。

iPhone 5はLTEに対応し、GSMモデルでは各地域のLTEサービスの提供条件にあわせて2つのモデルが用意されました。
充電やデータ転送に用いられる外部接続端子は、同時に発表された第5世代iPod touchと第7世代iPod nanoでも採用された、8ピンのLightningコネクタを採用しています。

iPhone4s

iPhone4s

特徴

2011年10月、「iPhone4s」が発表されました。
日本ではソフトバンクモバイルとKDDIが10月14日に発売。
外観や3.5インチRetinaディスプレイはiPhone4と変更ありませんでしたが、以下が変更点です。

iPhone4からiPhone4sへの変更点

  • 1.デュアルコアA5プロセッサ搭載
  • 2.W-CDMAとCDMA2000両対応
  • 3. 800万画素カメラ搭載
  • 4. Siri搭載
  • 5. 64GB搭載モデル登場
  • 6. 本体2色
  • 7. iOS5搭載

iPhone4

iPhone4

特徴

「iPhone4」は、厚さ9.3mm(3GSより24%薄い)で、当時、世界最薄スマートフォンでした。
前面カメラ、背面にはLEDフラッシュ付き500万画素カメラ、黒のガラスにステンレスのフレーム、側面がアンテナとして機能します。

3.5インチディスプレイは、解像度 960×640(3GSの4倍)、コントラスト比 800:1(3GSの4倍)

バッテリーサイズは、3GSよりも16%増、バッテリーの持ちは40%アップしました。

修理メニュー